【アラフォー女性必見】私は見た、玉の輿に乗った友人!~アラフォー婚活人生逆転編~

玉の輿の実話紹介、第四弾はいよいよ「アラフォー女性編」です。

アラフォー女性なんてそれだけで「崖っぷち」「婚活難民」と揶揄されますが、

実際には若い女性と同じように玉の輿に乗れる人が結構いるようです。

断っておきますが、100パーセントアンケートに基づく実話ですよ!

 

30代後半、一生独身と思われていた彼女が突然玉の輿婚!

私の従姉妹は、30代後半になっても恋愛をしている様子もなく、家族・親戚はきっと結婚しないだろうなと思っていました。

しかし、近所の人から従姉妹がかっこいいお兄さんと歩いていたよ!って教えられていました。

その1週間後、従姉妹の両親に紹介したいひとがいると従姉妹が言っていました。

紹介の日、連れてきたのはイケメンのとても優しそうな方でした。それだけでなく、自営業で社長をしているとてもお金持ちの方で、玉の輿にのることができました。趣味のサークル(ガーデニング)で出会ったといっていました。

従姉妹は恋愛に奥手なほど真面目ですが、料理・お裁縫・お掃除などの家事がとても得意なので、お嫁さんにはとても向いていると思います。結婚してからすぐにマイホームを建て、とても幸せそうです。

 

「一人で生きていく」と貯金に励んでいたアラフォー女性が突如イケメン商社マンをゲット!

昨年末、毎日のように連絡を取っている学生時代の友人からベビーができた!と報告がありました。
彼女は、その2、3か月前に一回り年下の彼ができたばかり。
もともと結婚願望がなく、ひとりで暮らして行かなくては!と貯蓄には余念がなく、そんな社会人生活をしてきたアラフォー女性です。

そんな彼女は、一人っ子で両親は離婚していて、結婚に対してあまりいい思いはなかったようだったので友人としても心配でなりませんでした。

彼ができた!と報告があった時もどうせ振られるから今だけを楽しむと割り切っていました。
ですが、同性からみても彼女は可愛らしさがあり、人想いな性格。
私も長い付き合いの中、彼女の気遣いに助けられてきました。

家庭的な一面も知っていたので結婚願望がないことが勿体無いなぁと思っていました。
ベビーができたことでそんな頑なに嫌がっていた結婚にも前向きに考えられるようになったようで、よかったです。
しかも彼は一流商社のイケメン。

彼女が転職したばかりの職場の上司から紹介されたそうです。
独り身、アラフォー女子。
せっせと老後の資金を貯めていた身からイケメン、年下、商社マンをゲット。
玉の輿になれたプラスアルファが多すぎでしょ!と突っ込みました。

 

30代後半バツイチ派遣社員が異業種交流会で青年実業家とゴールイン

30代後半の知人女性の話です。
彼女は20代の頃に一度結婚したものの数年で離婚し、その後は派遣社員として働きながら婚活に励んでいました。
合コンやお見合いパーティに参加したり、私自身も心当たりの独身男性を紹介したりしましたがなかなかまとまらず。

彼女は美人というほどではないものの、とてもおしゃれでメイクも上手く、いわゆる雰囲気美人。何より性格が控えめで穏やかなタイプで、なぜなかなか再婚で出来ないのと周囲もヤキモキしていました。

そんなある日、彼女が参加した異業種交流会で運命の出会いが!
バツイチ40代の青年実業家の方と意気投合して半年でゴールインしたのです。

なんでもその青年実業家の方、考え方がとても古風で、妻は自分より三歩下がって控えめに、従順に振舞える人を探していたとかで、彼女はその理想像にぴったりだったそう。

現代ではとても珍しい昭和妻的なタイプだったのが幸いしたらしく、今では豪邸住みの優雅な専業主婦です。

 

45歳の彼女は、ジャズバーで大学教授をゲット!

私の知り合い所女性は、大学教授と結婚をしました。それはその女性が45歳の時です。

男性と知り合ったのは、ジャズバーです。そこの二人共常連だったのです。大学教授も独身であり、50歳です。

その時、全く結婚をしようと思っていなかったみたいですが、趣味が合うし料理が上手ということを知り、この人とだったら一緒に生きていきたいと思ったようです。

女性も結婚をする気持ちがなかったようですが、気軽に話すことができる苑男性となら一緒にいることができると思ったのです。特に美人でもないし、普通の女性です。

趣味が一緒ということは、共通の話を楽しく出来るので男性の方が一緒にいたいと思うのではないでしょうか。その女性は、結婚をして幸せに暮らしています。

 

地味で人からバカにされていた38歳女性は、結婚相談所で私立学校の御曹司と結婚。

前の職場に地味でおしゃべりもほとんどできず、一言でいえば人からバカにされやすいような38歳の女性がいました。

ある他会社との合同会議でも、その場にふさわしい服を持っていなかったようで、ちぐはぐな服装で来たり、髪もぼさぼさで化粧っ気など一切なく、常識を疑われたりするような方でした。

当然のように、その女性は男性との交際経験などなく、結婚なんてできないだろうな、と誰もが思っていました。

しかし、ある日突然、その方が結婚報告をしたのです。結婚相手は私立学校の教師でしたが、その学校の御曹司で、まさに玉の輿です。

結婚という報告だけでもビックリでしたが、相手の身分があまりにもしっかりしているものだったので、更に驚きました。

しかし同時に、その相手の男性の見識に拍手を送りたくもなりました。

確かに彼女の外見は、いわゆるオシャレとは無縁の、清潔感もないようないでたちが多かったのですが、彼女は決して人を傷つけたり、つらく当たるようなことはない人間でした。

さらに、どこまでも無垢で仕事や役目にはいつも一生懸命でした。今の世の中、これほど純粋無垢な人間がいるのかと思えるほどだったので、結婚相談所で出会ったというその男性は、彼女のその実直な性格に惹かれたのだと思います。

今では、その彼女も3児の母。このまま純粋に生きて、幸せになって欲しいと願うばかりです。

 

性格も良くない、男にだらしない45歳女性、豪邸とテニスコートを持つ50歳富豪とゴールイン

私の友人の話です。特に美人・・・という訳ではないのですが、若い頃から彼氏が絶えない人がいました。

けれども、30歳を過ぎても、30代半ばになっても、40代になっても、一向に結婚できなくて、男性とは付き合っては別れる、別れては付き合う・・・というのを繰り返していました。

ずっと玉の輿に乗りたい、ミュージシャンと結婚したいなど、夢みたいな事ばかり言っていて、私も含め、周囲も「絶対結婚できないわ。」と正直、影で言っていました。

・・・が、何と、45歳の時にミュージシャンとかじゃないのですが、物凄いお金持ちの50代のバツイチの人と結婚したのです。六麓荘の大きな家に住んでて、テニスコートがあって!車もポルシェに乗ってて、50代バツイチとは言え、完全に玉の輿です!

彼女が働いていた某ジュエリーショップのお客さんで来て、知り合ったらしいです。

何が良かったのかなぁ・・・?と考えましたし、周囲のみんなともよく言ってたんですが、たぶん、アッチが上手いのですね、彼女は。それと、年齢がいってても体型は変わらなかったです。

性格は正直良いとは言えなかったけど、同性から見るのと、異性から見るのとでは、違った見解がありますので何とも言えません。

思うに、男と女、惚れた腫れたは、理性を超えて成立するものなのでしょう。

 

アラフォーの玉の輿キーワードは「自分らしさ」

皆さんのアンケートを読んでいて、一番楽しかったのはこのアラフォー編です。

正直、20代の仕事熱心なお嬢さんが開業医の息子の母に見染められて・・というのは、なんだか戦前のようで、自分の意見もアラもアクもあるアラフォー女性の私はなんだか嫌でした。

でもこのアラフォー編は、皆さん「結婚する気もそんなになくて毎日を自分らしく楽しんでいたら、玉の輿にのった」みたいな人が多くて、「やっぱりそうだよなあ~」と思いました。

中身なんですね、もう。

アラフォーともなれば容姿よりも中身なんだと思います。

それも尽くすとか料理するとかそういうメイドサービス的なものじゃなくて「自分らしさ」を十分楽しんでるかどうかという点。

私はもう結婚するのでチャンスはないですけど万一シングルになったら、自分らしさを楽しみながら婚活して(富豪をゲット)したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です