38歳からの婚活で人生一変した私の実話ー婚約します!

38歳からの婚活で人生一変した私の実話ー婚約します!

先日、彼が婚約指輪を見に連れて行ってくれました。

私は今年40だし「エンゲージリングが欲しい♡」なんて図々しく言えない、、と思っていたので

彼から声かけてもらえて本当にうれしかった。

しかも、まさかの2カラット!

嘘でしょ~、そんな高すぎるよ。。。と言ったら

「大丈夫。一生に一度だから俺頑張りたい。そのかわり二度目はないよ」

と。

柄にもなくウルウルした私でした。

その夜は素敵なディナーに連れていかれました。

銀座のCasitaというお店。

40過ぎても一生独身かも、、と泣きそうになってた

私は今39歳ですが、彼とは38歳の去年婚活を通じて知り合いました。

恥ずかしながら私の婚活歴は長く、30代前半の頃は高いお金払って結婚相談所に登録したことも。

そこでは見事なくらいハズレ連発で、今思えばほんと無意味でした。

時々は彼氏もいましたが、基本的に長続きせず、気づいたら38歳になってた私。

まわりは結婚ラッシュも一回り終えて、離婚ラッシュや介護ラッシュにはいりつつある中、

私は第一イベントの結婚すらまだ。

この焦りって同じ境遇の人しかわからないと思う。

ほんとにね、砂時計の砂がさらさらと落ちていくのを眺めてるだけの焦りとイライラ。

「とりあえず子供だけでも!」

とかって焦って、卵子を凍結しに婦人科に行こうとしたこともあった。

(保管費用が月5万円だったので諦めました)

友達の結婚話にも、心から祝ってあげられない情けない自分が本当に嫌でした。

そこから38まではあっという間でした。

何も成果がないまま、あっという間に年だけ取った感じ。

38歳の時「これが最後の婚活だ」と本気で決意

38歳の時、40を前にして何度目かの婚活を決意しました。

「次は本気で結婚するぞ」と。

ラストチャンスのように感じたんです。

私は初めて本気になりました。

心のどこかで「私ってそこそこイケてるし、いずれ結婚できるだろう」って思ってたんです。

でも見事にアラフォー独身。

しかも厄介なことに、玉の輿願望が捨てきれない私。

40にもなって玉の輿?! って笑われるかもしれないけど、

人間そう簡単に妥協できない(だから独身だったわけだけど)。

玉の輿とは言わないけどそれなりに年収があってそれなりにかっこよい人じゃないと…と

自分のスペックも顧みず、条件は下げられなかったのです。

そして、38歳で理想以上の人を見つけて婚約に至りました。

そんな私の結論。アラフォーでも十分理想の結婚はできる!これ本当だよ。

「年齢とともに価値が下がるんだから条件も下げた方がいい」

なんて無責任な声に耳を傾ける必要はないのです。

本気で戦略を立てました

とはいえアラフォーの婚活は「王子様がいつか迎えに来てくれる」ではだめです。

待ってても、船は来ない。

出会い総数の多い若いお嬢さんと違い、アラフォー女性には明確な戦略が必要です。

私の戦略は

①「年下狙い」

②「婚活二本立て」

の二つでした。

アラフォーになってやっと気づいたんですが、男性って年を取るほど女性の若さにこだわるんです。

それに気づかなかった私は、ずーっと「自分の年齢+5歳の男性」をターゲットにしていて

上手くいきませんでした。

45歳くらいの男性は、35までの女性を求めてるんですよね。

(だから45まで独身で残ってるわけです)

一方で、35くらいの男性は、

「3つ4つ年上、気にしないよ」

みたいなノリの方が多くて。

まだ自分が若いから、若さの重要性に気づいてないんだなあと思いました。

そんな簡単なことに何年も気づかなかったなんて!!

そこで私は、3~5歳年下をターゲットにしました。

結果、それが大成功。

今の婚約者は、3歳年下で年収は900万です。

見た目もさわやかです。しかも若いので自然に女性を立ててくれる。

年下にフォーカスしなかったら、

45歳で年収800万のおじさんに偉そうにふるまわれていたかも!

なんて思うわけです。

やっぱりアラフォーは年下男性を狙っていった方が、成婚率が上がると思います。

ただ年下を狙って婚活するのはいろいろ細かい戦略が本当に必要となるなので、

それは次にまたお話ししたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です