【誰かに聞いてほしい!】失恋の愚痴を友達に吐き出すときに注意したい3つのこと

 

失恋をしてしまったときには、あった出来事を友人に聞いてほしくなりますよね。特に辛い失恋だと尚更です。女子のほとんどは恋バナをするのも聞くのも好きなので、失恋話を聞いてほしいと言えば、快く聞いてくれるでしょう。

 

しかし、いくら快く失恋話に付き合ってくれたとしても、間違った愚痴り方をしてしまうと友人にとっては苦痛な時間になってしまいます。失恋で好きな人を失い辛いのに、さらに友人も失わないようにするため上手に愚痴を吐き出す3つの方法をお教えします。

 

 

  • 聞いてくれるのはあなたしかいないの!と伝え、親身になってもらう

 

本当に辛い失恋をしてしまったのであれば、軽く愚痴をいうのではたりませんよね。しっかり聞いてほしいものです。そのためには聞いてもらう友人に特別感を持たせましょう。「本当に辛いからあまり言わないでいたのだけれど、あなたには聞いてほしい。」と先に言っておきます。すると、「いろいろなところで愚痴を言いふらしているのではなく、本当に辛いんだ。」と思ってくれます。それであれば、友人として話をあなたを失恋から立ち直させるために真剣に話を聞いてくれるでしょう。

 

女子は自分だけに言ってくれるという秘密を共有することが大好きです。そのため、「あなたにだけ言う。」ということをしっかり伝えましょう。そうすることで、さらに親身になって話を聞いてくれるようになります。

 

「あなただけに」という話法は特別感を演出させてくれるので、失恋話に限らず他の悩み事を打ち明けるときにも有効です。そんな話をするときには、落ち着いた空間を選び、多少長居できるような環境に整えておくことも大切です。そう設定しておくとあなたは愚痴りやすく、聞いてくれる友人も嫌な気分はしないでしょう。

 

 

 

  • アドバイスはいらないことを伝えてスッキリ度アップ!

 

あくまで今回は失恋してしまった愚痴を聞いてほしいだけです。それにも関わらず、「それはあなたが悪かった。」「こうしたらよかったのでは?」とアドバイスや意見をしてくれる友人がいるでしょう。それでは目的の愚痴を聞いてもらうから逸れてしまいます。友人は良かれと思って言っているのですが、そんなアドバイスや意見を言われても・・・とあなたは感じてしまいますよね。

 

ですが、「アドバイスとかされても聞くつもりない。」「とにかく私の話を聞いて。」と最初に伝えてしまってはどうでしょう?自分が相手の立場だったら嫌な気持ちになりませんか?せっかく聞いてくれるつもりだったのにそんな言われ方したら、聞く気がなくなってしましますよ。

 

アドバイスや意見はいらないから、話だけ聞いてということを友人に伝えるにはどんな伝え方をしたらいいのでしょう?

 

それは、初めから「頭の中の整理がしたいから、話をさせてほしい。」「聞いてくれるだけでいいの。そうすれば前を向ける気がする。」と伝えてみましょう。そうすることで、友人も「とりあえず聞いてほしい話なのね。」と思い、話を聞くだけの態勢になってくれるでしょう。

 

友人を嫌な気分にさせずアドバイスは必要ないことを伝えられたら、思う存分グチが言えますね。

 

 

 

 

  • 自分だけスッキリしてはNG!友人の近況もしっかり聞こう!

 

自分の愚痴を吐き出せてスッキリしたからといって、終わってはいけません。友人への感謝を忘れていませんか?友人もあなたの失恋話のために忙しい時間を割いて聞いてくれていたのです。

 

そこで今後は話し手のバトンタッチです。「愚痴を聞いてくれてありがとう。スッキリできたよ。ところで最近あなたはどう?」と質問してあげましょう。待ってました!と言わんばかりに愚痴が始まるかもしれません。そのときはあなたが友人にしてもらったように真剣に話を聞き、アドバイスや意見は求められるまでしないようにしましょう。

 

または愚痴とは正反対で、恋のノロケ話が始まるかもしれません。私がこんなに辛い失恋話をした後なのにと思わず、ここは今まで愚痴を聞いてくれたお礼として嫌な顔をせずに話を聞いてあげましょう。

 

そして帰宅後にメールでもいいので「今日は話を聞いてくれてありがとう!立ち直れそうな気がする!」とお礼を伝えると、友人もあなたの役に立てたと嬉しい気持ちになるので、友情がさらに深まります。

 

 

 

  • 失恋の愚痴を吐き出すときの注意点をおさらいしよう

 

気を許せる友人でも親しき仲にも礼儀ありということを忘れてはいけません。どんなに辛い失恋で、愚痴を聞いてほしくても友人への配慮をしましょう。ネガティブな発言は聞く方にとっても体力を使うのです。

 

愚痴を聞いてくれる友人に不愉快な思いをさせないために、環境作りはしっかりしておくのがおすすめです。失恋の愚痴を聞いてもらうのが目的ですが、その目的だけに固執しないで、友人である聞き手のことを想った行動と言動を心がけましょう。

 

自分は辛い失恋をしてしまったかもしれせんが、友人が順調な交際を続けていても毛嫌いせず話を聞き、「私も早く立ち直って新しい恋に進もう!」という気持ちに高めることが大切です。前を向けたらもっと素敵な恋が待っているかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です