【年内絶対結婚したい♡】結婚相談所のかけもちや複数登録を考えている人が知っておきたいこと!

 

婚活サービスの中で、最も成功率が高いといわれている結婚相談所は年々その利用者を伸ばし続けています。

 

その中には、結婚相談所をかけもちすることを考えている人が少なくありません。

 

結婚相談所をかけもちすることにどのような意味があるのか?また本当にかけもちすることが正しい選択なのかどうか知っておきましょう。

 

 

・そもそも結婚相談所をかけもちすることは可能なの?

 

 

結婚相談所をかけもちすることは問題ないの?と疑問に思うかもしれませんが、かけもちすることに対してとくに制限があるわけではありません。

 

意外かもしれませんが、今活動している人の中でも多くの人が結婚相談所をかけもちしているんです。

 

 

・結婚相談所をかけもちをする必要があるの?

 

 

かけもちすることが問題ないとはいえ「かけもちをする必要性があるのか」ですよね。

 

単純に結婚相談所一社で活動するよりも、複数の結婚相談所で婚活を進めていく方がより結婚というゴールの近道になる可能性は上がると考えることができるでしょう。

 

出会いの数も増えることで、その分自分が理想とするお相手を見つける可能性も上がるわけですよね。

 

また、結婚相談所と一言でいっても各相談所によってはサービスが異なります。

 

仲介型またはデータマッチング型などサポート内容が違ってくるため、それぞれの特性を活かした結婚相談所での活動であればまた違った出会いを求めることが可能となっていることに対して魅力を感じる人は多いでしょう。

 

 

・費用が2倍になるという最大のリスク

 

 

結婚相談所をかけもちすることは、一概に良いとも言えません。

 

婚活パーティーや婚活サイトに比べて費用がかかるサービスであり、初期の入会費用も高額になるだけではなく成婚を達成するまでの月額費用も決して安くはありません。

 

・・・にも関わらず1年、2年と月日だけが過ぎてしまう可能性もあるわけです。

 

勘違いしてはいけないのが、結婚相談所をかけもちすれば必ず短期で成婚ができるわけではないことです。

 

経済的な余裕がない限りは、結婚相談所をかけもちして活動をするという考えは基本的には持たないほうがいいでしょう。

 

 

・コネクトシップ加入の結婚相談所への入会

 

 

結婚相談所へのかけもちを考える前に、まずどこの結婚相談所に入会するのかを真剣に比較し検討することが大事になってきます。

 

というのも、相談所一社に入会すれば複数の相談所の会員さんと出会うことができるとご存知でしょうか。

 

いわゆる、コネクトシップと呼ばれる会員相互紹介制度です。

 

コネクトシップに加入している結婚相談所同士であれば、複数の結婚相談所へ入会することなく他店舗で活動している会員さんの紹介やアプローチができるというものです。

 

見方をかえれば、 かけもちしている状態と大きく変わらないことがイメージできるのではないでしょうか。

多くの会員さんとの出会いが期待でき費用も2重にならないという大きなメリットがあります。

 

 

・かけもちする際の注意点

 

 

反対に注意したいのが、コネクトシップに加入している結婚相談所同士でかけもちしてしまうことは大きな損失になります。

 

各相談所に正規で入会せずとも、会員情報は共有しているがためにわざわざかけもちをする必要がないわけです。

 

結果的にはお金の無駄になってしまう可能性がありますのでもしかけもちを考えるのであれば、どの結婚相談所をかけもちするのかはしっかりと考えるようにしましょう。

 

 

・まとめ

 

 

結婚相談所のかけもちが、いいか悪いかは人それぞれの考え方によって大きく異なってきます。

 

確かにかけもちをすれば理想のお相手と出会える確率は上がるかもしれません。

しかし、あくまでも可能性の問題であり100%というわけではないですよね。

 

もし思ったように出会いがなかった場合は、各結婚相談所の費用が無駄になってしまうという大きなデメリットがあることを忘れてはいけません。

 

いい側面だけを見て、安易にかけもちすることはあまりお勧めできないものであることを十分に理解して結婚相談所を選ぶようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です