私の婚活パーティ失敗談【36歳/事務職】

こんにちは。

婚活パーティ初心者の「ちなつ」と申します。

今日は私の婚活パーティ失敗談をお話しします。

 

 

婚活パーティーは開催している日時や場所、種類もとても多く、行ってみたいと思ったら気軽に参加できますよね。

 

しかし、婚活パーティーに参加する目的は結婚相手を探すこと。つまり、自分のこれからの人生のパートナーを見つけるということなのです。

 

気軽に参加できるけど、人生のパートナーを見つけるのはとても大切。

 

具体的に計画を立ててから行動しないと、「どんな人とどんな人生を過ごしていきたいのか」「何のために結婚がしたいのか」がわからなくなって失敗してしまいます。

 

そうならないためにも、こちらでは私が初めて行った婚活パーティーでの失敗談をご紹介します。

 

 

 

35歳を過ぎたころから、友達が結婚していく姿を見てどんどん焦るようになっていました。

 

そんな時に、友達から婚活パーティーに誘われたので試しに行ってみることに。

 

人見知りの私は、立食パーティーやイベントパーティーだと自分から声をかけられなくて気まずい思いをしそうだったので、絶対に男性と話せる個室のパーティーがいいと友達にお願いしました。

 

個室パーティー以外はおまかせしてしまい、友達がパーティーを選んで予約をしてくれたのでどんな流れなのか、男女何人ずつ参加するのかなどの詳細もまったく調べなかったのです。

 

そして当日、友達とおしゃべりをしながら会場に行ったら、想像していた雰囲気とは違ってものすごく静か。なんと、友達同士で参加しているのは私たちだけでした。

 

予想外の雰囲気に気まずくなりながら個室に通してもらい、初参加ということでパーティーの流れを教えてもらいます。

 

どうやら、タブレット端末に男性のプロフィールが載っているので、それを見ながら相手と5分間会話をするみたいです。

 

しかも、ほとんどの人はあらかじめスマホでプロフィールを入力してきているらしく、私はパーティーが始まるまでのあいだに急いでタブレットに入力することに。

 

そんな中、慣れないタブレットで必死にプロフィールの入力をしていたら、一人の男性がいきなり私の個室にきました。相席の状態から始まるみたいです。

 

男性に挨拶をして、あとは気にしている暇はなかったので急いで入力をして、なんとか始まる前に間に合いました。

 

「今プロフィールを入力しているなんて、場面で参加したずぼらな女だと思われてそうだな・・・」

 

それから、パーティーが始まるまでちょっとだけ時間があったので、男性全員のプロフィールをざっと見ました。あらかじめスマホで入力してきたのか、どの人もびっしりと詳しく書いています。

 

「私のプロフィールは、時間がなくて適当に書いたのが伝わっているな・・・」

 

始まる前から自分が失敗していることに気が付き、ちょっと落ち込んでいたらパーティーが始まりました。

 

このパーティーは男性12人、女性12人の参加で5分間会話をしたら、男性が女性のいる個室を移動していく形式です。

 

最初に会話をするのは、同じ個室の隣にいる男性でした。

 

「知らない人と5分も会話が続くかな・・・」と心配していましたが、おたがいのプロフィールを見ながらなので話が途切れて気まずい思いをすることもなく、あっというまに5分がたってしまいました。

 

それからは男性がどんどん入れ替わり、プロフィールを見ながら趣味や仕事などの話をする繰り返し。

 

初めてで余裕がない私は、半分ぐらいの人と会話をしたところで疲れてきて男性の情報が頭に入らず、あとは流れ作業のようにただ必死に話していました。

 

全員と話し終わったら、カップルになりたい人を第五希望まで決めていきます。

 

ここでも私は、自分の失敗に気が付きました。

 

男性のプロフィールのところに、自分でこっそり男性の印象を入力しておける項目があったのです。

 

「こんな項目があったんだ・・・初めに気付いていれば、いいと思った人にチェックを付けておいたりできたよね。」

 

今さら気が付いても、もう遅いです。

 

私は最初隣の席にいた男性と悪い印象の男性しか覚えていなくて、それ以外の人をとりあえず第五希望まで入れてみようと思いました。

 

「じゃあ第一希望は一番年収の高い人にして、第二希望は趣味が合いそうだからこの人。第三希望は・・・」

 

このような感じで、誰が誰なのか顔も思い浮かばないまま、プロフィールを見てなんとか第五希望まで決めました。

 

そして、ドキドキの結果発表・・・

 

私は誰ともカップルになれませんでした。

 

落ち込んでいたら、さらに追い打ちをかけるようにいっしょに参加していた友達から連絡がきました。

 

「カップルになったから、このあとお茶してくるね。また報告するね!」

 

私は一人寂しく帰りました。

 

 

 

まず私の場合、友達とパーティーに参加したのが間違いでした。

 

個室形式のパーティーは、一人で参加している人がほとんどです。

 

そして、自分か友達のどちらかしかカップルになれなかった場合、とても気まずい思いをします。さらに、自分が気に入っていた人と友達がカップルになったらもっと気まずく・・・

 

婚活の情報や報告、愚痴などを話せる友達は必要だと思います。でも、友達といっしょに婚活パーティーに行くのはもうやめようと思いました。

 

あとは、パーティーに参加する前にホームページや口コミを見て、もっと予習をしておけばよかったと思います。

 

あらかじめプロフィールを入力する、どんなパーティーでどんな流れなのかを知っておく、などパーティーの前にできることをすべて準備しておけば余裕を持って参加できます。

 

そして、婚活パーティーは初対面の人にたくさん会いますし、自分が考えているよりもあっというまに時間が過ぎてしまいます。

 

どんな人と結婚したいのか、自分の中できちんと条件を決めておかないと判断がぶれてしまうでしょう。

 

カップルになりたい人を選べなかったり、カップルになれたとしても「やっぱり結婚相手として違った」と思いうまくいかなくなりますよね。

 

婚活パーティーは、時間・お金・体力・精神力を使います。

 

私のように、よく考えないでやみくもに参加して時間やお金をムダに使い、体力や精神力を疲れさせてしまったらもったいないです。

 

後悔しないで充実した楽しい婚活ができるように、自分の中でよく計画を立ててから参加しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です