【男性向け】Pairsで絶対入れ食い状態になったプロフィール写真の撮りかた

出会い系やマッチングサービスには「プロフィール写真」を表示しましょう!
可愛い女の子と出会いたいあなたに、まずこれは、断言させていただきます!

この記事では、出会い系・マッチングサービスで重要なプロフィール写真の撮りかたについて重要なポイントを解説します。
といっても、カメラテクニックはそんなに必要ありません。

重要なのは、「相手の女性に何を伝える写真にするべきか?」という視点です。
では、さっそく見て行きましょう!

出会い系、マッチングサービスでプロフィール写真は必須です!

しかし、世の中のプロフィール系サービスでは顔写真の表示項目がありますよね~。
まあアバターとか適当な写真でごまかす場合もありますが、恋愛の場合はそれじゃあだめです。

恋愛サービスともなれば、相手の一番の注目ポイントだったりもします。
あなただって、年齢や体型に並んで顔写真が気になるんじゃないですか?

自分が気になるポイントは相手も同じです。

メールやプロフィール情報などの文字情報の中で、写真というのは唯一のグラフィック情報です。
しっかりおさえていきましょう。

相手のお顔、体型も写真で確認できちゃう…だから

ちなみに出会い系サービスではお相手の女性も、顔写真を公開しています。
もちろんサービスによっては非公開の人も居ますが、多くのサービスでは顔写真や身体の全体の写真もあわせて複数枚公開しているんですよ。

これは実際に会う前に効率よく相手のことを知ることができるサービスとしては超重要ですよね。
だからというわけではありませんが、あなたも、相手の女性にしっかりとあなたの特徴、良さをわかってもらえるように写真を公開しましょう。

意外と写真を公開していたおかげで、あなたの顔や雰囲気がめちゃくちゃ好みだ!という女性とであうチャンスがあるかもしれないわけですから。
その機会を大事にしましょう。

顔出しは不安?

これはしっかりと、会社が有料で提供しているサービスを選べばまず安心です。
それでも心配な方は、目元や口元を隠した写真を使いましょう。
「そこまでして出す意味あるの?」
と、思うかもしれませんが、写真に写っている雰囲気を相手に伝えることが目的なので、すこしでもあなたの情報が相手に伝わるなら、やるべきです。

相手の女性に何を伝える写真にするべきか?

相手が「この人と会ったら楽しそうだな」とか「普通に会って話せそうだな」と感じることができる。
そういうノーマルな情報を伝えることができれば及第点です。

そして、出会い系の写真は及第点のものをのせられれば、充分とも言えます。

イケメンだとか、キメてる顔を映さなきゃとか、そういう要素は全然必要ありません。
それどころか、「俺勘違い野郎です」という情報が伝わってしまい、「会っても面倒くさそう…」「キモイ」と思われます。

顔に自信がある人はどんどんやってください笑

けど、大事なのは「普通に会ってもいいと思えるまともな男」と解ってもらえること。
ここが超重要ですよ!

出会える、いいねしてもらえるプロフィール写真撮影テクニック

スマホのカメラでOK!
もちろんデジカメがあればそちらでどうぞ。
プロフィール写真撮影テクニックです。

場所、ライティング

他のプロフィールと差を付けたいなら、自宅で自撮りじゃなくて、外にでてとりましょう!
意外と男性は自撮りをしないのか、女性のプロフィールと違って、「出会い系のサービスのために今撮りました」みたいな、部屋での自撮りが多いんですよね。

もちろん自分の部屋でとっても悪いというわけではないんですが、
室内で暗かったり、照明が蛍光灯の上からくるものだったり、と、不利になるような状態の写真をわざわざ撮ることになりがちです。

  • 晴れた日の日中、外にでかけて自然光で撮影
  • 夕方の夕日を浴びて撮影
  • 緑の多い自然や浜辺の海などのロケーションで撮影
  • バーやレストラン、スポーツや趣味などのシーンで撮影

このように、部屋の中から外に出ることで、「ライティングとロケーション」の両方で有利になります。
自信の活発さをアピールもできますし、複数の写真をとることもできますしね。

また、室内だとどうしても部屋着になってしまいますし、逆に外に行くファッションで室内で自撮りすると不自然さが出たりもするんです。

そして、自宅がすごい豪華とかで無い限り、アパートの壁とかになってしまいますので、「意味での日常感」として伝わるのです。

面倒ならただ外に出て撮影するだけでも全然違いますよ。

表情、服装、髪型

撮影時に気にしたい外見は?

表情は?

「表情は笑顔が良い」
よく聞く話ですが、これがなかなか難しいですね。

正直、笑顔が老けて見えたり、普段笑わないタイプの人だと目が笑ってなくて不気味だったり、と意外に地雷だったりします。

昔、写真館のカメラマンさんに聞いたテクニックとしては、
「口を閉じて、鼻から息を軽く吸って、自然に微笑む」のが良い感じだとか。
口だけで笑うと歯が見えすぎたり、口の中が空いて見えてしまったりして、さわやかに見せるのは難易度高いです。

また、写真は複数掲載できる場合が多いので、普通の表情と笑顔の両方使うのも次善策ですね。

服装と髪型は?

服装と髪型は超重要です。

ここでいきなりオススメコースの紹介です。

まず、ショッピングに行きましょう。
可能なら、友人につきあってもらいましょう。
そしてユニクロでもGUでも良いのでカジュアルなジャケットとシャツのインナーを購入してそのまま着ちゃいます。

次に美容院で髪を切ってもらい、セットしてもらいます。
「女性に見せる写真を今日撮りたい」って言ってしまっても良いでしょう。

そのまま前の項目にも書きましたが、バーか緑の多い公園か海か、ロケーション的にばっちりなところに行って自撮り!
ちょっとした名所やイベント会場なら、近くの人に撮影してもらう口実もつけやすいでしょう。全身をとってもらうのもありです。

「清潔感と小奇麗な常識的格好」

これは自分一人で部分部分やるより、誰かに見せながら(この場合は、外の人たちや美容院の店員さん、友人など)、
一気にトータルでやってしまうほうが楽です。

毎日風呂に入るとか、爪を切るとか、寝癖を直すとか、髪をぼさぼさにせずセットするとか、ヒゲを剃る(整える)とか、
そういう基本は当然ですが、やっぱり普段とは違う気合を入れた瞬間に撮影してしまうのがベターですね。

まあ、普段の撮影はいつでもできるわけで、それと比べて採用してもいいですが…。
男は髪型はさっぱりしていたほうが女性にはウケがいいみたいですよ。

カメラ、アプリ、加工

次に、撮影道具などについてですが、カメラはスマホのカメラで充分だと思います。

ただし、インカメラだと解像度が低い…という数世代前のカメラもあったりします。
多少解像度が低い方が荒が目立たなくて良いということもありますが、伝えたい情報まで伝わらなくなってしまったり、怪しさが出てしまったりしないように注意です。

アプリでおすすめなのはずばり「インスタ」インスタグラムです。
いろいろな色調補正アプリがありますが、おまかせで使いやすいのがコレ。
世界で使われている写真SNSの色調補正だけあって、加工もおまかせでそれっぽくできます。
撮影したら一度投稿でアップしてから、投稿を消せばOKです。

肌をがっつり加工したいなら「BeautyCam」をオススメします。
ただあまりやり過ぎないように注意しましょう。

さらにもっとやりたい人は、Photoshop(フォトショップ)並みの加工も可能な「GIMP」が無料でおすすめです。
「GIMP 肌 きれい」などで検索すれば解説記事が出てきますよ。

また、「自撮りライト」で検索すれば千円~二千円程度で手持ちからスマホに取り付けられるものまで、ライト商品が出てきます。
髪の色、顔の凹凸や肌の色、目の光など、自撮りライトを使うと簡単に印象を良くできたりするので検討してみてください。

プロフィール内容と合わせた撮影、写真の更新について

写真とプロフィールの内容、自己紹介文をリンクさせたりするのもアピール度が高くてグッドです。

よくあるのが、イベント、観光スポット、アクティビティなどのシーンごとのスナップを使う方法。
ただ、女性と違って男性はあまりそういうところで自撮りをしないような気もします笑

あと、複数の人物と写ってしまうと自分だけをトリミングするのに、アップにしなくてはいけなくなってしまったりもしますよね。
それだと背景が写らなくて雰囲気が伝わらなかったり、周囲の人の顔にスタンプで隠したりすると、少しだけ間抜けな感じになったりもします。
まあ、この辺は好みですが…。

やっぱり専用に撮影したほうが使いやすいんじゃないかと。
無難にバーなどに友人と行き撮影して照明と背景を生かして撮影してもらうとかがいいと思います。
例えばダーツマシンなどがあるタイプのレストランなどはマシンを背景に入れても良いですね。

「外食で美味しいお店を探すのが好きです」→レストランで飲んでいる写真
「ジムやボルダリングでワークアウトしてます」→ボルダリングの壁面前でポーズをとっている写真
「仕事では海外出張が多く英会話は趣味でもあります」→スーツで海外にいる写真
「車とドライブが好きで、週末は良く海辺をドライブします」→海辺の駐車場で車の横でたたずむ写真

などなど、まあ、自分一人だけより「何処かのスポットと自分」みたいな情報量を増やしてあげると、女性にメッセージが伝わりやすくなるということですね。

ここで、自分が入ってない写真でもいいの?という疑問をもつ人もいるかもしれませんが、そこは絶対自分を入れてください。
女性はお相手の男性を探しているので、男性が写っていない写真が出てくると圧倒的にスルー率が高まります。
興味が一気になくなるわけですね。

なので、絶対自分が写っている写真であることは大事です。

まとめ

ということで、細かく説明しましたが、ポイントとしては、「普通にまともな男性であること、話せるやつであること」をまず写真で伝える。
というハードルを超えてください。

あ、あと言い忘れましたが、写真の顔の大きさはバストショット(胸から上くらい)でとっておけばだいたいOKです。
「顔だけ」より、胴体や手などを画面に入れると印象が複雑になります。顔だけで判断されなくなるという感じですかね。

では、さっそく練習に笑顔の自撮りをやってみましょう!
こつがつかめたら明日にでも外でちょくちょく撮影していい写真をゲットしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です